2019年3月6日

僕は今、この生活を気に入っている。
寝て、起きて、仕事をし、飯を食い、ジムへ行ったり、勉強したり、たまには旅行へ行き、こうして何か書き物をしたり。
自分のやりたいことに時間を割いて、ひたすら趣味を楽しむ。
今、ふと自分が満たされているなと感じた。

今までの、何年か前までの僕は自分が気に入らなかった。
自分の容姿か、性格か、価値観か、生活か、仕事か、収入か、何かはわからないが気に入らなかった。
漠然と何かが気に入らなかった。
むしろ何も気に入ってなかった。

不自由、プレッシャー、逆境、そういったものの先に素晴らしいものが待っていると思っていた。
でも本当にそう思っていたのだろうか。
そうだったらいいなと思って、間違った方向に向かっていたのではないだろうか。
それはそれで僕にとって大事な出来事だったのだと思う。
得たもの、失ったものは共に大きい。
そこでの気付きもまた大きい。

この先はわからない。
先々を決めないことにしている。
先々を決めてしまうと、やりたかったことがやらなくてはいけないことに変わって窮屈になってしまう。
やりたいことはとことんやりたい。
やりたくないことは出来るだけやりたくない。
今はそれでいいのではないかと思う。
また変わるかもしれない。
その時はその時だ。
コロコロ変わったっていいじゃないか。
節操ないとバカにされてもいい。
信念を曲げなかった人も生き残るし、変化に対応できる人も生き残る。
誰も死なない。
みんな生き残るのだ。

僕は昔から考え方が甘い。
そして愚かな人間だと思う。
それでも今日までやってこれているのは、僕の周りから誰も人がいなくならなかったからだ。
怒られることは多々ある。
昔よりはなくなった。
でも相変わらず好奇心が旺盛で落ち着きがないので、放っておけないと言ってくれる。
自分では割と自立しているほうだと自負しているが、そうでもないのかもしれない。
寄りかかっているつもりはないが、なるべく自立できるよう心がけている。
それでもそのように気にかけてくれている人たちに感謝している。

最近よく、自尊心、自己肯定感、多幸感という言葉を目にするようになった。
細かい意味はわからない。
これが足りない人が多いというようなことをよく目にするようになった。
元々みんな持っていたものなのか、それとも手に入れるために目指すものなのか、失ってしまったものなのか、それもわからない。
大切な事、考え方なのかもしれないが、あまり捉われる必要もない。
わからないならわからないでいい。

僕の母親は、僕によく「もっと自分を大切にしなさい」と口酸っぱく言っていた。
今ならその意味がわかる。

僕は今、自分がとても大切だ。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP